診療案内

裏側矯正

当院の裏側矯正は矯正装置(ブラケット)はアメリカのOrmco社のものを使用しています。これは従来の物に比べるとかなり小さいため発音がしやすく、また歯ブラシも簡単になりました。そして、歯の動きも良くなり矯正用のスクリューと併用することにより治療時間の短縮が期待できます。裏側矯正は出っ歯の症状にお悩みの方に向いています。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は様々なライフスタイルに合わせて目立たない治療をご希望の患者様に適しています。矯正装置(ブラケット+ワイヤー)を装着することなく治療が行え、食事の際と歯ブラシの際には取り外すことができるので、今までと同じように美味しく食事ができます。また、歯ブラシの際にも何もない状態ですので虫歯にかかるリスクが低くなります。
そして、もしも転勤等で遠方に移転されても、当院と連絡の上で定期的にお送りしますので治療が遅れる心配はありません。

もっと見る

治療に使うマウスピース(invisalign)は当院で採取した歯のデータを基に、メーカーによって治療シュミレーションしたうえで作成されます。
透明なアクリルで製作されているために装着されていることが全く気付かれないと言っても過言ではないでしょう。そして他の矯正装置でたまに見られる破損や口内炎の発生などといったトラブルが少ないというメリットもあります。
治療開始後は、定期的にマウスピースを交換して歯並びを整えていきます。少しずつ歯を動かしていきますので、ワイヤー矯正よりも痛みが少ないと言われます。

見えにくい矯正

当院の見えにくい矯正装置は、市販されている表側に着ける矯正装置(ブラケット)の中でも目立たない物を採用しています。材質はセラミックまたはジルコニアで製作されており、歯を動かすワイヤーにおいても白いワイヤーになっています。そしてブラケットとワイヤーを結ぶための細いワイヤーも白い物を使用しております。

もっと見る

この素材を使用した見えにくい矯正装置は、カレー、赤ワイン等の着色する食材を用いたものを食べても矯正装置の変色はみられません。 また、歯の動きは従来のメタルの物と同じなので、矯正治療期間が延びる恐れはありません。
費用についても裏側矯正や、マウスピース矯正(インビザライン)と比較するとお手頃になっています。

成人矯正

矯正治療は、大人になってから始めるのでは遅いと思われている方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。実際には歯肉が健康であれば、年齢に関係なく治療が受けられます。最近では、歯科の知識や見た目の美意識の高まりから、大人の患者さまの受診が以前より増えています。

もっと見る

大人の矯正のメリットは、噛み合わせをただすことで虫歯や歯周病のリスクを低くできるということと、見た目が良くなるということです。また、ご自身で費用を負担する方が多いため、高いモチベーションを持って始められる方が多くいらっしゃいます。特にマウスピース矯正を選択された場合、ご自身で装置の交換や装着時間の管理が必要ですので、治療に対するやる気は大事です。
当院院長は、大学病院にて矯正学を研究したり、矯正治療を行ったりしてきました。正しい噛み合わせを実現すべく、二つの治療方法を組み合わせるなどして、皆さまの矯正治療をサポートいたします。

小児矯正

当院では、主に5歳~10歳のお子さまを対象に小児矯正治療を行っています。この時期は乳歯と永久歯が混在した状態であり、顎の成長を利用して永久歯が生えそろうためのスペースをつくる「床矯正」を行うことが可能です。

もっと見る

小児矯正を行う際に当院が大切にしていることは、主に三つあります。
一つ目は、お子さまの治療の際は親御さまの同席を基本的にお断りしていることです。親御さまという甘えられる存在がいないことで、逆に治療を頑張ろうとしてくれるお子さまが多いため、このようにしています。
二つ目は、お子さまの手や腕を押さえつけるような無理矢理な治療をしないということです。手や腕を押さえつけられることは大人でも嫌なことだと思います。お子さまは痛みや苦痛に敏感ですので、大人でも嫌がることをすることはありません。
三つ目は、歯の型どりは院長が担当するということです。全顎の型どりは、大きな装置を使うため嘔吐反射が起こることがあります。院長が傍にいて、お子さまの様子を見て声がけしながら精密な型どりを行います。

インシグニア

当院ではインシグニアという矯正シミュレーションソフトを使った矯正治療を行っています。これを用いて、ゴールまでの治療のシミュレーションをすることで、患者さまに治療後のイメージを持ってもらいやすく、また、分かりやすいご説明が可能になっています。

もっと見る

インシグニアは、3DデジタルとCAD/CAM技術を用い、歯に取り付けるブラケットと歯を動かすためのワイヤーを患者さまに合わせて作成することができるものです。シュミレーションを行ったうえで矯正治療を進めていけるので、矯正の調整回数が少なくなり、通院にかかる負担を減らすことが可能です。

カリエール

出っ歯や反対咬合(受け口)の症状が出ている方に適したものがカリエールという矯正器具です。このカリエールという装置を使用し、初めに犬歯から奥歯までの歯を遠心移動させることで、前歯部分の歯の隙間を作っていきます。そのため、比較的短期間で歯並びを改善することが可能です。また、抜歯をせずに治療を進められます。
出っ歯や反対咬合にお悩みの方は、ぜひ気軽にご相談ください。まずは症状を確認させていただきます。