症例紹介|浜松町の矯正歯科 丸山矯正歯科
症例紹介

インビザラインの治療例

20代女性の症例『前歯部に叢生(デコボコ)を伴う開咬』

前歯部が咬み合っていない事が主訴としてインビザラインの治療を希望して来院されました。
通常どおりの検査を行い、「前歯部に叢生(デコボコ)を伴う開咬」と診断されました。

治療計画
非抜歯にて前歯の再配列、咬み合わせの改善を行う事にしました。
矯正装置の種類
上下ともにインビザライン

写真から前歯部が咬んでいなく、下顎の前歯部にデコボコが見られます。

術後の写真です。上下の前歯部の垂直的な隙間がなくなり綺麗に咬み合っています。
また、下顎の前歯部の凸凹が綺麗に並んでいることがわかります。

インビザラインのアライナーの数は20セットで終了することができました。
アライナーの使用は、1ヵ月2セット使用します。つまりこの症例におきましては1年以内に治療を終えることができました。

この治療におけるメリットおよびデメリット

メリット
通常のワイヤーの矯正治療ですとこのような「開咬」の治療は上下の前歯部にゴムを使用して前歯を伸ばすことを行います。しかし、インビザラインの治療の場合はゴムを使用することは必要でなく治療を行う事ができます。そのためにインビザラインを使用していれば治療を進ませることができます。
また、この症例のみならずインビザラインの治療は食事と歯ブラシの時にはインビザラインを外して行う事ができます。これにより食事は矯正治療の前と同じように美味しく。また歯ブラシも矯正治療の前と同じ状態で行えるためにお口の中が清潔に保たれます。
デメリット
インビザラインの治療は患者様が様々な理由で使用できない場合には治療は進行しません。また、インビザラインを製作する必要があるために通常の矯正治療に比べて高額になってしまいます。

治療に必要な費用

検査、診断料
¥27,000
インビザライン施術料金
¥1,080,000
毎月の調整料
¥4,320の12ヵ月分で¥51,840になります。

口元の改善を行った治療例

大学生の女子「前歯が出ている症例」

上の前歯が出ておりお口元が出ていることを主訴として来院されました。
通常どおりの検査を行い、「上顎前突」と診断されました。

治療計画
は左右4番目の歯を、下は右5番目の歯を、左4番目の歯を抜歯してそのスペースを利用して治療を行う事となりました。上の4番目の歯を抜歯する理由は上の前歯を下げるため、下の歯は咬み合わせを改善する必要があるために左右違う歯の抜歯を行いました。
矯正装置の種類
上下ともに表側からの白い矯正装置(セラミック)

矯正治療前の写真

 

矯正治療後の写真

 

治療前の写真と比べると上の前歯は後方に下がり上下の抜歯されたスペースはなくなりました。
これにより口元は術前に比べると鼻の下がスッキリしました。
唇の形態も薄くなり下唇の下の顎の形もはっきりしました。
患者様ご本人にも大変に喜んでいただきました。
治療期間は2年6か月を必要としました。

この治療におけるメリットおよびデメリット

メリット
患者様の主訴である口元の改善ができた事。お口を結ぶことが以前は難しかったが、術後は自然にできるようになった事。歯が出ているという精神的なコンプレックスがなくなった事。咬み合わせが良くなった事。
デメリット
歯を抜歯する必要がある事。上下の歯に矯正装置を着ける必要があるために、矯正治療中の食事の際に矯正装置に食べ物が詰まりやすい事。歯ブラシが矯正治療の前に比べると大変な事。矯正装置の違和感。

治療に必要な費用

検査、診断料
¥25,000
矯正装置装着料および施術料
¥800,000
調整料金
¥6,000の回数分で¥180,000程になります。
なお、毎回の治療時のクリーニングは無料で行っております。