叢生(デコボコ)の治療例 – 丸山矯正歯科| 浜松町の矯正歯科 丸山矯正歯科

叢生(デコボコ)の治療例

  1. HOME
  2. 叢生(デコボコ)の治療例

「上顎の犬歯が八重歯の症例」

中学生の女子「上顎の犬歯が八重歯の症例」

上の歯の犬歯がはえる隙間がない事を主訴として来院されました。通常どおりの検査を行い、「上下の歯の大きさと骨の不調和による叢生」と診断されました。

治療計画
上下左右4番目の歯を抜歯してそのスペースを利用して治療を行う事となりました。
矯正装置の種類
上顎は裏側からの矯正装置
下顎は白い矯正装置

矯正治療前の写真

矯正治療後の写真

治療前の写真と比べると上顎の犬歯のはえるスペースができて八重歯は綺麗に並べる事ができました。また全体的に咬み合わせも改善されてバランスよく咬めるようになりました。
治療期間は上下の第2大臼歯の萌出を待っていたために2年6ヶ月を必要としました。

この治療におけるメリットおよびデメリット

メリット
患者様の主訴である八重歯が綺麗になり全体的に咬み合わせも改善されました。
デメリット
上下の歯を抜歯する必要がある事。上下の歯に矯正装置を着ける必要があるために、矯正治療中の食事の際に矯正装置に物が詰まりやすい事。
歯ブラシが矯正治療の前に比べると大変な事。矯正装置の違和感。

治療に必要な費用

検査、診断料
¥27,500(税込)
矯正装置装着料および施術料
¥1,100,000(税込)
調整料金
¥6,600(税込)の回数分で¥198,000(税込)程になります。
なお、毎回の治療時のクリーニングは無料で行っております。

20代の男子「前歯がデコボコで出ている症例」

上下の前歯にデコボコがあり、そして出ていることを主訴として来院されました。通常どおりの検査を行い、「前歯に叢生を伴う上顎前突」と診断されました。

治療計画
上顎の犬歯から後方に歯にカリエールディスタライザーを装着して、下顎の奥から2番目の歯から上顎の犬歯にゴムを使用して上顎の犬歯から後方の歯を後ろに動かし、その後上の歯は前から数えて左右の4番目の歯を、下の歯は左右の4番目の歯を抜歯してそのスペースを利用して前歯を内側に動かすことにしました。
矯正装置の種類
上は表側からの白い矯正装置(セラミック)
下は表側からの白い矯正装置(セラミック)

矯正治療前の写真

矯正治療後の写真

治療前の写真と比べると上下のデコボコは綺麗に並び、上の前歯は後方に下がりました。これにより口元は下がり鼻の下の膨らみもすっきりして、下唇も薄くなることができました。口元がすっきりした印象です。治療期間は2年3か月を必要としました。

この治療におけるメリットおよびデメリット

メリット
患者様の主訴である口元の改善ができた事。
歯並びが綺麗に並び、咬み合わせの改善ができた事。
精神的なコンプレックスがなくなった事。
デメリット
歯を抜歯する必要がある事。
上下の歯に矯正装置を着ける必要があるために、矯正治療中の食事の際に矯正装置に食べ物が詰まりやすい事。
歯ブラシが矯正治療の前に比べると大変な事。
矯正装置の違和感。

治療に必要な費用

検査、診断料
¥27,500(税込)
矯正装置装着料および施術料
¥880,000(税込)
調整料金
¥6,600(税込)の回数分で¥198,000(税込)程になります。
なお、毎回の治療時のクリーニングは無料で行っております。