反対咬合の治療例|浜松町の矯正歯科 丸山矯正歯科
反対咬合の治療例
  • HOME
  • 反対咬合の治療例

反対咬合の治療例

中学生の男子の症例「前歯部の反対咬合」

前歯部の反対咬合と上顎前歯の絵子凹を主訴として来院されました。精査、診断の結果「前歯部に叢生を伴う反対咬合」と診断されました。

治療計画
非抜歯にて前歯の再配列、反対咬合の改善を行う事にしました。
矯正装置の種類
上下ともに表側からの矯正装置

矯正治療前の写真

矯正治療後の写真

治療前の写真と比べると前歯部の反対咬合は改善されて、上顎の前歯部のデコボコも綺麗に並べる事ができました。
また口元は上の歯が前に出たために口唇がへこんでいたことも改善されて男らしい綺麗な口元に改善できました。患者様ご本人も大変に喜んで頂きました。
治療期間は2年と6か月を必要としました。

この治療におけるメリットおよびデメリット

メリット
患者様の主訴である前歯部の反対咬合、そして口物改善ができた事、反対咬合という精神的なコンプレックスがなくなった事。咬み合わせが良くなった事。
反対咬合という精神的なコンプレックスがなくなった事。咬み合わせが良くなった事。
デメリット
上下の歯に矯正装置を付ける必要があるために、矯正治療中の食事の際に矯正装置に食べ物が詰まりやすい事。矯正装置の違和感。

治療に必要な費用

検査、診断料
¥27,500(税込)
矯正装置装着料および施術料
¥770,000(税込)
調整料金
¥6,600(税込)の回数分で¥198,000(税込)程になります。
なお、毎回の治療時のクリーニングは無料で行っております。